読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

minofoto and miscellaneous notes

個人的な備忘録ですが、たまに広く読んでもらいたい記事を書くこともあります。記事は随時修正したり追記したりすることがあります。

iPad から OpenStreetMap を使うためのアプリ BTC Mapper

iPad を買うと、最初から「マップ」というアプリが搭載されています。これは Google Map を表示してくれるもので、GPS か無線 LAN 基地局の位置から自分のいる場所も知ることができます。

しかし自転車に乗るときは Google Map には不満を感じます。Google Map にはサイクリングロードが掲載されていません。OpenStreetMap という地図はまだ作成途上で空白地帯が多いのですが、このように青い点線でサイクリングロードを表示する機構があります。

この OpenStreetMap を表示する良いアプリがないかといろいろと試していたのですが、いい物を見つけました。BTC Mapper (iTunes App Store) という無料アプリです。Mapper という名前の通り、地図に場所を登録したりするためのアプリですが、現在位置を確認するためのソフトウェアとしても充分に使えます。

動作はスムーズで、iPhone, iPad の両方に対応しています。iPad では大きい画面で地図を見ることができます。GPS/Wi-Fi での現在位置表示にも対応しています。ちょっとわかりにくいのですが、画面右下の BTC アイコンをタップすると表示する地図の種類などを変えることもできます。

これを見ていると、今度はここに行ってみようか、などと考えたりしてちょっと楽しくなります。