読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

minofoto and miscellaneous notes

個人的な備忘録ですが、たまに広く読んでもらいたい記事を書くこともあります。記事は随時修正したり追記したりすることがあります。

花より団子?マッピングパーティー

OpenStreetMap Japan のイベント、「花より団子? マッピングパーティー」 に参加してきました。

OpenStreetMap (osm.org) とは、Wikipedia のように、自分たちで地図を一から作り上げて、自由なライセンスで再配布しようという試みです。テレビで、ゼンリンの「いつもNAVI」のCMをやっていますが、そこではゼンリンの調査員が調査計画に従って孤独に地図情報を集めている姿がアピールされています。それと似たようなことを OpenStreetMap (OSM) では世界中で多くの人が好き勝手にやっています。違うのは、ゼンリンの調査員は仕事として(おそらく真面目に)やっていますが、OSM の場合はあくまで遊びとして、楽しくやるというコンセプトになっていることです。

楽しく地図を描くためには、一人で地図を描くだけでなく、みんなでわいわいと地図情報を集めて描くマッピングパーティーというものが世界各地で開催されています。私も以前からやっていますが、マッピングパーティーに初めて参加してみました。

集合場所で主催者の方々とお話していると、マッパーとは思えないおじいさん登場。「○○さんですか?マッピングパーティー参加者ですか?」と聞くと「はい」としばらくお話していましたが、気がつくとどこかに行ってしまいました。どうやら勘違いだったようです。そんなこともありましたが、初参加の人が全員集まったので「他の人は緯度経度を見たら来るから」などというような話をしながら、NIKI Bakery and Cafe へ移動。パンを食べながら簡単な講習会をしていただき、Walking Paper (書き込み用の地図)も貰いました。

商店街で更に多くの方々と合流し、そこから3グループに分かれてマッピングに出かけます。変なことをやっていると不審者だと思われる危険がありますので、一人でうろうろするのは心細いですが、仲間がいると万一のときにも複数で説明できるのでちょっと安心です。

このあたりの店を探検し、メモを取ったり写真を撮ったりしましたが、寒いのでドトールに避難し、 iPhoneiPad で地図情報を入力してゆきます。私たちのグループは2人とも iOS のアプリである Pushpin を使っていたので現地でどんどん情報を入力できてしまいます。同じところを編集しないように通りの右と左に別れて編集しました。描いて見るとどうも辻褄が合わないので、再度外を探検。一度描いてからもう一度確認というのが手順としてはいいですね。

商店街の店をすべて入力したあと、地図にない道を見つけたり、一方通行を修正したり、桜の花のきれいな公園をみつけたりしました。入ろうと思っていたラーメン屋はランチタイムが終わってお休みになってしまいましたが、和菓子屋「中里」のお菓子を買ったり、別のラーメン屋に入って楽しい時間を過ごしました。

探検の時間が終わると、集合場所から会議室に移動。買ってきたお茶やお菓子を食べながら、みんなでノートパソコンを取り出して編集です。楽しくお喋りしながらも、どんどん地図が充実してゆく様子は、なかなか面白かったです。プロジェクターで写真を見せながら探検の様子を見せてくれたり、編集の仕方を解説してくれたりの時間もありました。マッピングの方法について、自転車談義、お菓子についてなど、関係ないことも楽しく雑談しながら、最後に充実した地図を見てちょっと自己満足に浸りました。