minofoto and miscellaneous notes

個人的な備忘録ですが、たまに広く読んでもらいたい記事を書くこともあります。記事は随時修正したり追記したりすることがあります。

Mac で記号類を入力する方法

以前に 英文中でのギリシャ文字の入力方法を書いておいたら、意外にアクセスが多いようなので、MacOS で英語の科学技術文書などによく使う記号類の入力方法を覚え書きしておきます。よく使う文字は、これを覚えていると、記号メニューなどから探さなくてもすぐに入力できます。

  • 脚注記号

† → option t
§ → option 6
¶ → option 7
‡ → option shift 7

  • 単位記号

° → (degree) option shift 8 (–80 °C などと使う。˚ → option K, º → option 0 などとは厳密には違うらしい)
µ → option m
Å → option shift a
Ω → option z

  • 数式

± → option shift ^ (アンダーラインを付した + を使う人もいますが、見栄えが悪いだけでなく、アンダーラインは思わぬ編集で消えることがあるのでちょっと困る。)
÷ → option /
≠ → option ^
π → option p
∆ → option j
≈ → option x
√ → option v (これよりも、数式エディタなどを使うことが多い)
∫ → option b (これよりも、数式エディタなどを使うことが多い)
≤ → option ,
≥ → option .

  • 文中で多用する記号

(hyphen) - → -
(dash) – → option - (範囲を表す。minus sign にも私はこれを使います。)
(long dash) ― → option shift - (サブタイトルや引用など)

  • 英語以外(人名、固有名詞などに使うことがある)

ß → option s (現実的には ss と書けば済みそう。straße)
æ → option : (使うことあるのかな?)
ç → option c (Français など)
¨(ウムラウト) → option u (für など)
´ → option shift e (théorie など)
ˆ → option i (日本語でも、rôma ji などという使い方もしますね。)

また気がついたら追加します。