読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

minofoto and miscellaneous notes

個人的な備忘録ですが、たまに広く読んでもらいたい記事を書くこともあります。記事は随時修正したり追記したりすることがあります。

棒ノ折山

記録を書くのが遅れましたが、自分の備忘録のために書いておきます。
天気予報では晴れの週末、奥多摩秩父の境あたりにある棒ノ折山に登ってきました。早起きして西武池袋線飯能駅へ、そしてバスでさわらびの湯まで。名栗湖の堤を渡って白谷沢から入りました。
地図へのリンク
こちらも別の地図

天気予報にも関わらず、登山口で既に雨が降ってきて、雨具を着て登ることに。バタバタと準備をしてきたので、登山口で入山届を出しました。用紙はなかったので、初めて携帯電話からオンラインで提出しました。


今年は台風が多かったですね。そのせいなのか、沢筋にこんな流木の山が積み上がっていました。沢筋で上から降りてこられた方に声をかけられ、少し話しました。消防の方で事故防止のためにパトロールをしているとのこと。足元が悪いので気をつけてください、とのこと。ありがたいことです。

雨のため沢の水は多めで、沢からそそり立つ岸壁をへつらないと(トラヴァースしないと)いけない場所もあったりして、沢登り気分が少しだけ味わえました。


山頂に着くとますます雨はひどくなり、あずまやに座って昼食。濃い霧で視界もないため、昼食が終わるとさっさと山頂を辞して尾根筋を下りました。殺風景な人工林も霧のためにこんな景色に。

下山後はさわらびの湯に浸かってゆっくりしてから帰りました。さわらびの湯の敷地内には10月桜が咲き始めていました。