minofoto and miscellaneous notes

個人的な備忘録ですが、たまに広く読んでもらいたい記事を書くこともあります。記事は随時修正したり追記したりすることがあります。

山に登る前に読む本

講談社ブルーバックスから出ている、能勢博著「山に登る前に読む本」がなかなか面白かったです。

ヒマラヤ登山の経験もある医者で生理学者でもある著者が、運動生理学という観点からの体力作りや装備、登山に必要な水や食料について解説した本です。ちゃんと生理学の議論につきあう必要がありますけど、なかなか興味深い本でした。

この本を読んで、3分間最大速度で歩いてみました。最後の1分間で歩いた距離は GPS でざっと見積もって 170 m。ちゃんと測れているのか自信がありませんが、体力や心拍数としてはまあ標準的なようです。この体力で 16 kg の荷物を担いで登ると、1時間に 160 m から 210 m 程度の高度を稼げるという見積もりになるそうです。思ったより遅い気もしますが、山の計画を立てるときには参考になりますね。

気温、湿度や高度と発汗量との関係や、効率的な水分の取り方など、山で役に立つ情報がたくさんあって、なかなか参考になります。ただ生理学的なデータを並べてあるだけの本ではなく、登山への愛が随所に感じられて、読んでいて楽しい本でした。